歴代のヨーヨー大会史上最も壮絶な戦い、もう一つの「世界大会」

今年の世界大会で、1A部門で新しく実施された「準決勝」のことをご存知でしょうか。今年はAP部門以外のすべての部門で予選通過枠が狭まり、優勝候補レベルの選手が軒並み予選で落とされていくという熾烈な戦いでもありました。その中でも新設された1A部門準決勝(セミファイナル・もしくはラウンド2)は他部門の選手からも感嘆の声があがるほどに厳しいもので、歴代ヨーヨー大会史上もっとも壮絶な戦いとなる、まさにもうひとつの「世界大会」となりました。ただでさえ失敗の許されない予選を2回、音楽・構成を変えるかどうか、バクチのトリックを重ねるか、難易度を下げて安定を取るか。予選・準決勝参加者のプレイヤーはどれだけ悩んだのでしょうか。どれだけのプレッシャーがかかったのでしょうか。

そんな準決勝を戦い抜いた選手たちに少しでもスポットが当たればと思い、この記事を書かせていただきました。来年からはシード選手もラウンド2からにするかもとか、いろいろルールが検討されているようなので、この激戦っぷりはもう二度とない可能性が高いです。そんな歴史的な、決勝・ファイナルラウンドに負けない熱戦を繰り広げたセミファイナルの選手たちを、順に紹介させていただきます。

(ポイント差も1位通過者が89.98、ボーダーだった10位通過者が78.58と僅差でした。大まかにいえば、途中まで1位の点数でも、一度ワインダーをしたりすればもうほぼ確実に予選落ちしかねるレベルの差です。本当にどれほどの実力者であれ1ミスが致命傷になりかねなかったことがうかがえます)

全員掲載したいところなのですが、容量削減のため第20位の選手から掲載させていただきます。

第20位 センバヒデマサ

第19位 Zach Gormley

第18位 マンネンケンタロウ

第17位 Alex Berenguel

第16位 キドケンゴ

第15位 Augie Fash

第14位 Eric Koloski

第13位 Sebastian Brock

第12位 Andrew Bergen

第11位 トクブチアキトシ

これより先の選手が準決勝通過者になります。

第10位 Anthony Rojas

第9位 Chris Fraser

第8位 マツウラタケシ

第7位 ナカツカケンジ

第6位 イイヅカタカヒロ

第5位 フジサカタツヤ

第4位 Paul Kerbel

第3位 イリフネヒロ

第2位 ワタナベコウタ

第1位 Luo Yi Cheng

ヨーヨー始めるなら

ヨーヨーを始めるなら、総合ヨーヨー情報サイトへ。

総合ヨーヨー情報サイト GIOY

メディアサポート

東地区大会 10月31日(土) 神奈川
西地区大会 12月19日(土) 大阪


新しい形の大会 "44FESTIVAL"

アライアンスパートナー

ヨーヨー情報募集中!

当サイトにて取り上げてほしいニュースなどがあれば、お気軽にご連絡ください。

カレンダー

2010年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930