次世代ワールドホビーフェア’10 Summerレポート


というわけで行ってきました。幕張メッセで行われた次世代ワールドホビーフェア’10 Summer!!お目当てはもちろんハイパーヨーヨーブース。
写真だらけですが、ちょっとでも楽しんでもらえたらなと思います。
↓の「続きを詳しく読む」をクリックしてください。

海浜幕張駅から徒歩10分ほど。入り口までおなじ目的の人がぞろぞろと歩きます。

どーん。
「なにこれー!うわぁー!」「もっと早くこればよかったねぇ……」
屋根の下に今見えてる人の2倍くらい人が居ます。まあでも某即売会などと比べるとはるかにマシなんでしょう。


とりあえず戻るわけにもいかないのでぞろぞろと並ぶ人達。あ、ちなみにこれは1日目の写真ですが1つ前のは2日前の写真です。2日ともスケジュールはほぼ同じなので、写真は日付がごちゃごちゃになってますが順番はだいたいスケジュール順だと思ってもらえばOKです。



泣き出す子どももいながら行列が動き出して歩き始めて30分ほど。やっと見えた……!ゴールが!


これからがスタートでしたどーん。
クリックすると上の写真はおっきくなります。ボケてますけど。

とにもかくにもまずハイパーヨーヨーブースへ。この時腰についていたまったく無関係のヨーヨーを慌ててハズす俺。

ブースでまずお目見えしたのはダンカンのシャツを纏ったデモンストレーターの皆さんでした。本家のダンカンクルージャパンの方も!





それぞれ新しいヨーヨーバージョンの幟ですね。


ジャッジマニーの幟も。OK & BAD!!
個人的にDJマサの幟が欲しいです。



ハイパーヨーヨーブースではスピナーズカップという大会が開催されたのですが、これはその1位から3位までの賞品です。1位が金、2位が銀、3位が銅になっていました。(ロングスリーパー部門、スーパーレベルトリック部門の2部門が2日)しかもヨーヨーは最新のウィンドオービットです。おそらくこの大会でしか配布されないものだったはず。激レアですね。


そしてさらっと先行販売していた通常版ウィンドオービット。隣の別会場であるスペシャルグッズ販売会場で売られていたのですが、ハイパーヨーヨーブースのかなりの割合の子たちがウィンドオービットをつかっていました。



物販ブースの看板です。真っ先に売り切れたのはウッドバレットのブルー&グリーンでした。レイの威力か、ツートンの魅力か、はたまた両方か。


先週の月~金で、おはスタで実際に使われたボードです。RPMを競うコーナーがあったのですが最終的に南雲波人さんの勝利でした。ちなみにスピナーズカップは両部門とも予選種目がハイパースピン(RPM)だったのですが、ある部門の予選1位の子は7500以上を記録していました。



ティーチングエリア、練習エリアではやり方の図解がのっていました。また、ループザループとアラウンドザワールド用に専用エリアがあったり、これからヨーヨーをはじめる子専用にスローダウン・ロングスリーパー専用エリアがあったりとかなり工夫されていました。


会場内に設置されたプレイエリア2箇所にもにもばっちり図解が。こっちのほうが1個1個が詳しく解説されているのかな?


予選会場兼ハイパースキャナー体験エリア。予選の時間にはめちゃくちゃな人だかりができていました。見守るお父さんとお母さん、緊張の面持ちの子ども。「俺なんで小学生じゃないんだろう」とワケのわからないことを考える自分。


そして特報!なんとハイパーヨーヨーがマンガ化決定しました!97年の超速スピナーより早いマンガ化らしいです。ペンをとるのは「学級王ヤマザキ」「コロッケ!」などでおなじみの樫本学ヴ先生。どんなテイストのマンガになるのかいまからがとても楽しみです。ほかにもトリックブックのお知らせなどなどが掲載されています(トリックブックは先行販売されていました)。


ステージを見ると、ヨーヨーの日やイオン大高でも司会進行を務めていたMCナオキさんが登場していました。ナイス目線でパシャリ。トリック講習やスピナーズカップのMCを務めていました。

そうこういってるうちにステージでデモンストレーションがスタート!

トップスピナーのデモンストレーション司会はもちろんDJマサ!ハイパーヨーヨーとは?という説明中にさりげなくスローダウンしたときがあってびっくり。



トップスピナー・シュン!今回の新曲かなり好きです!ちなみに今回ステージで行われたアンケートで「好きなトップスピナーは?」の回答1位はシュンでした(自分調べ)。



トップスピナー・リュージ!音踏んでワザ決めてばっちりすぎ。ダブルってやっぱカッコいいなあ……。



トップスピナー・レイ!回りすぎ!どんだけ回るんですか!次も見たいです!




もちろんチームプレイもばっちり。3人のUFOがとくに好きです。


3人ならではのトリックももちろんあり。このあとどうなるのか?それは当日見てた方だけのお楽しみ。


最後はもちろん Keep “Yo” Soul!!

また、今回パフォーマンスしたのはトップスピナーだけではありません!
今回あらたに結成されたそれぞれのブランドチームが登場したんです。しかもそこにそれぞれのトップスピナーが加わるという超豪華なステージでした。

ハイパーヨーヨーバージョン・チームヨーヨーファクトリー!ヨーヨーの日・コロコロホビーGPでも大活躍だったメンバーに紅一点・マイが加入!



ハイパーヨーヨーバージョン・チームヨメガ!ヨーヨーの日・コロコロホビーGPでも大活躍だった難波の双龍とリュージ!


ハイパーヨーヨーバージョン・チームダンカン!なんと謎のスティックとヨーヨーの融合!?
どのチームも特色を生かした個性あふれるスゴイパフォーマンスでした。いい意味でそれぞれが違う空気を出して、お客さんがガンガン惹きつけられてます。



お客さんの様子どーん。こんな感じです。

ほかにもこんなイベントが。


今回はそれぞれのパフォーマンス終了後にインタビューがあったり。



突発認定会がスタートしたり。このときはクリーパーですね。

なんといっても目玉はスピナーズカップ!


子どもたちの真剣な表情は心打たれますね。一枚目がロングスリーパーの1日目決勝(多分)。2日目がスーパーレベルトリック部門ですね。



表彰式!嬉しい表情、悔しい表情人それぞれ。負けた人も勝った人も、次回ももっと頑張ってほしい!かなり僅差でキャッチできず敗退という子も多く、ときには「ああーっ!!」と悲鳴があがるなど、会場はかなりヒートアップしました。



そしてこっちは別の悲鳴。サイン会の行列です。規定人数があり(ようするに先着順)受付があまりにもすぐ終了するため軽く戦争です。お子さまだけでなくお父さんやお母さんも全力で並びに行く阿鼻叫喚のサイン会でした。


トップスピナー・DJマサ・ジャッジマニーは大忙し。ワンショット限りで撮影もしていたのでさらに大忙し。




そしてそのスキにステージでは「今回の特別ゲスト、全米チャンピオンの登場です!」というMCナオキのかけ声とともに、飛び入りでタングラーの開発者・スギマツカズユキさんと2006年全米チャンピオン・ポールハンがデモンストレーション。サイン会に並んでいる人は「(ステージとサイン)どっちを見ればいいんだ!?」という状態になってて面白かったです。


そしてこの目線。かなり日本を満喫しているようでなによりです。ポール、お疲れさまでした!


最後はステージに立ったデモンストレーターで記念撮影!

そんな感じで相変わらずかなり盛況なハイパーヨーヨーブースでした。ほかにもいろいろ写真は撮ったのですが、いろいろ載せてしまうとこのサイトの名前が変わってしまうので省略します。かなり強行スケジュールですが2日ともいけてよかったです。冬と比べWHFの総来場者数は少ないらしいですが、これからヨーヨー来るなぁといった感じ。
関係者の皆さん、お疲れ様でした!

 
 
 
 
 
 
 
おまけ

オレ達の戦いはこれからだ(出口)

ヨーヨー始めるなら

ヨーヨーを始めるなら、総合ヨーヨー情報サイトへ。

総合ヨーヨー情報サイト GIOY

メディアサポート

東地区大会 10月31日(土) 神奈川
西地区大会 12月19日(土) 大阪


新しい形の大会 "44FESTIVAL"

アライアンスパートナー

ヨーヨー情報募集中!

当サイトにて取り上げてほしいニュースなどがあれば、お気軽にご連絡ください。

カレンダー

2010年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930