今年の世界大会、おそらく人類初の「ノーミス」で「優勝」を達成した岩倉選手。
フリースタイルが主流となった世界大会が始まって20年くらいでしょうか。これまでに全部門合わせて100人近くの世界チャンピオンが生まれていますが(推測です)、完全にミスがない演技で優勝したのは1人だけ。これって相当スゴいことだと思うんです。
ノーミスくらい普通でしょという方も、ノーミスなんて普通は無理という方も、一度ここで「実際にノーミスが出る確率」を導き出してみませんか。
※あらかじめノーミスの定義を「トリック」に限定します。つまづいたとか手袋が破れたとかを含むと数が膨大になり計測が厄介です。

 
数学に明るい人にとっては当然すぎることを書いてるだけなのでご了承ください。あとここから出てくる計算式が間違ってたらご一報ください。

 
まず各部門の「トリック工程数」を計測します。厳密にいえば、そのフリースタイルの間にこなされたトリックエレメントの数です。その部門に該当しないエレメントも計測しています。

今年度の世界大会の岩倉選手の総工程数は約180個でした。
以下、「個」という単位は全てトリック工程数のことを指します。

工程数の計測は数取り器で行いました。エレメントにも個人によって定義が分かれるかと思いますが、ひとまずトリックを区切ることのできる最小単位ということで計測しています。つまり、岩倉選手(4A)のフリースタイルは、フォワードパスマウントも、そこからのワインドも、ソロハムのときストリングから離れる瞬間も、それぞれ1個ずつとして計測しています。

そうしたら、すべての工程の平均成功率から「最後までノーミスで乗り切ることができる確率」を求めます。
【成功率^トリック工程数*100=】の式で、そのパーセンテージが導き出されます。
この計算式、実はこのノーミスについての話題を提供してくれたヨシナガケイスケ選手が提供してくれました。「相当えげつない数字になりますよ」とのことで、実際にやってみたら、確かにえげつないことになりました。
今回は岩倉選手のトリック成功率を99%として計算しています。

0.99^180*100=約16.3807%

意外と高いと思った方も居られるかもしれません。
しかし、これはあくまで成功率99%と仮定した場合です。
成功率が98%・95%だと、こうなります。

0.98^180*100=約2.6344%
0.95^180*100=約0.0098%

さて、あなたのフリースタイルの全トリックの平均成功率は、何パーセントですか?

このように、工程数が非常に多くなりがちなヨーヨーのフリースタイル競技は、とても「ノーミス」に縁遠いものです。しかし、だからこそミスのない演技を捨てるのではなく、それを目指したいものですね。

 
ちなみに、他部門の工程数と成功率99%での計算結果は以下のとおりです。
それぞれ歴代の世界チャンピオンのフリースタイルから雰囲気で平均を出して計測しています。

●1A 約250個
0.99^250*100=約8.1059%

●2A 約600個
0.99^600*100=約0.2405%

●3A 約220個
0.99^220*100=約10.9582%

●5A 約250個
0.99^250*100=約8.1059%

ツーハンドの部門は、それぞれのヨーヨーでトリックが成立するので計測が大変でした。タングラーは1回転につき1個として計測しています。5Aは迷いましたが、ダイスとヨーヨーが連動している場合は1個、分離している場合は1個ずつカウントしました(ヨーヨーが止まっていてもダイスの移し替えで1個になる計測方法)。2Aのループ系や5Aのプロペラとバタフライ系のトリックは1回転で1個としました。
スタイルによってかなり数が変わってくるかもしれませんが、あくまで参考ということで。2A部門はチャンピオンクラスだと3分の間に500~600回はループ(系トリック)をしている計算になります。恐ろしいです。

参考までに、600個で平均成功率99.9%になると、ようやくノーミス率が約55%となります。どのプレイスタイルでも、ノーミスを目指すなら99%ですら生ぬるいということですね。乾杯。

あけましておめでとうございます。
たまには羽目を外すようなことを書く。

2010年にビデオの編集というものに手を出して、そろそろ4年満了する。
結構な数のビデオをアップしてきたが、果たして何本リリースしたのかを数えてみた。

大雑把だが、少なめに見てもこうなった。
・yoyonewsjp 120 (20)
・yoyotricklist 360
・yoyostorerewind 130 (100)

左側の数字がカットのみを含めた純粋な公開ビデオ本数。右側の括弧付きがプロモーションビデオなど、中身を編集したビデオの本数だ。
つまり合計600本ちょっと。しっかり手を加えたものだけでも120本。1年に30本以上のビデオを編集してきたことになる。
そのビデオの半分はDVD用の映像なのだが、それだけでなくヨーヨーニュースやOSCやリワインドのPVとキャラバン、メンテナンス用ビデオなどがある。
まだYouTubeにあって公開はしていないものを含めると、もう5本くらいプラスされる。
毎回大会のビデオを撮影している人達には敵わないが、それでもこの数はなかなかではないかなと。

率直にいって、自分はあまり何物においてもデザイン的なセンスが優れている方ではない。
でもだからこそできることがあると思っているし、少しずつ克服したいとも思っている。
120本の編集を経て、自分の作品には「あまりセンスは進歩してないな」と同時に、「2010年の自分からは想像できないくらいの編集ができてるな」と思った。
今は1000本目に辿り着いたときの自分の作品が見たくて、いつの間にか必死にビデオの勉強をしているんだなと実感した。
そして、だからいつの間にか取り組んでいたフリースタイルもずっと練習してるんだろうな、とも実感した。

書いてる途中ですがある程度まとまったので投下。完全版は某所に投稿予定。

海外旅行に行くとき、もっともネックになりそうなのは飛行機内での時間の潰し方ではありませんか?
現地・出発前と、ほかの部分はスケジュールをしっかりと組み、用意しておくことで乗り越えられます。ましてや韓国・台湾・中国など近場であれば2~5時間程度で到着できるので、さほど苦労はしないかと思います。
しかしアメリカやヨーロッパ等となると別です。アメリカはハワイまでも7時間~9時間、本土に行くなら10時間以上、長くて14時間近くかかります。ブラジルなんかは日本から直行便はなく、飛行時間だけで25時間はかかるそうです。※1
9時間以下なら寝て過ごすことも視野に入れやすいですが、それより上だと、ビジネス・ファーストクラスでも無い限り、のんびり寝て過ごしきれるかというと、ほぼ不可能に近いです。
さらにネットも使えない、電話もできない環境です。現代人は地上においてはケータイが一人で時間を潰す主な手段になりますが、飛行機では外部との通信手段としては無力になってしまうため、その威力は半減、もしくは皆無です。
つまり飛行機内での過ごし方というのは、まるで人体でも鍛えにくい場所(首やスネ等)のようにネックな場所だと思うのです。同じ景色をずっと眺めているわけにも行きませんし。
 
自分はシンガポールとアメリカにちょくちょく行ったことがあり、周りの人からも聞きつつ、暇つぶしの方法を数種確立(というかありきたりなものですが収集)しました。
今年は世界大会に初めて行くという方が多いということなので、これを期にメモがてら置いておきます。
 
 
★=有効度を最大5つで表示。
 
1.しゃべり倒して過ごす ★★★★
仲のいい友達と旅行に行く場合に、スタンダードでもっとも有効な方法。というか普通はこうするしかないはず。しかし反抗期な娘息子を連れる家族連れや、1人での旅には厳しい。あと自分以外の人が寝落ちしたときが辛い。しかも飛行機内はそれなりにうるさいので、会話を捗らせるにはそれなりに体力を使う可能性も。
 
2.前日まで徹夜しまくり機内で寝倒す ★★
徹夜に徹夜を重ね、機内では完全に寝たまま過ごす方法。完全に最初から最後まで寝尽くすことができたときは良いが、機内食が食べられないため空腹で目が覚めると辛い、隣客との折り合い次第(体臭・サイズ・エコノミークラスでのトイレ移動・落ち着きのない人など)では最悪の体調に、空港の中で倒れたりしないよう注意が必要など、ギャンブル性も高い。耳栓やイヤホン(ノイズキャンセリング付きが望ましい)・目隠し(アイマスク)・マスクの用意推奨。効果は絶大です。これは全部寝て過ごすつもりの無い人にもオススメ。
 
3.映画を見倒す ★★★★
見たかった映画を見まくるチャンス。1本1時間半~3時間だから遠距離なら2~5本は可能。でも、1本だけあるという場合は危険。ひとしきり感動しきったあと「まだあと10時間ある…」となるとテンション急降下間違いなし。飛行機によっては席で映画が見られるようになっているので(国際線なら普通日本語音声・日本語字幕は無いそうですが)、それで過ごすのも当然可。アニメもオススメなんですが、DVDやBDからのリッピングは、個人使用でも違法行為※2。13話の1クールなら4時間半、2クールなら9時間近く潰せるので、本来なら相当有効。
 
4.本を見る ★★★★★
機内は消灯時間でも、自分の席だけ灯りがつけられるため、本は相当有効。しかし当然普段から読書をしない人には向いていないことと、実物を持っていく=荷物が増えるのがネック。そこでオススメなのが電子書籍。読めるジャンルが少々限られるが、読みたい分はほぼ好きなだけ詰め込めるのが大きなメリット。小説等だけでなく、最近は漫画も読めるサービスが増加中。タブレットやノートPCを持っていく人、スマートフォンユーザーに試してほしい方法。その場合は充電手段も必須。
 
5.仕事をし倒す ★★★
旅行では通用しない手段。というか手段でもなんでもなく、しなきゃいけない人はせざるを得ない手段。自分は世界大会の入荷商品の紹介を作り続けて時間を潰したことがあります。
 
6.大会で使う音楽を延々とリピートしながら瞑想する ★★
海外大会に行く人限定。ステージからの景色を想像しながら、ひたすら瞑想。実際に練習としての効果がどれほどあるかはわかりませんが、気持ちが落ち着かない人には、ほんのちょっとでも慰めになるのでは。ちなみに自分の場合、逆に現地到着まで一切自分が使う音楽を聴きません。現地に着いたら、いやでも聴きまくるハメになるのですから。
 
7.隣の人(他人)と仲良くなる ★★
自分からはしたことがないものの、周りでは思いの外よく見られる方法。どこへ行くのか、何をしているのか、何をしにいくのか、小さなことからガンガン話が膨らむことも。うまくいけば自分の席でのリラックス加減も相当向上。日本人でないのならば海外の友人を作るチャンス。ただしトラブルの可能性もはらんでいることを理解して、あくまで初対面であること、礼儀とパーソナルスペースの考慮を忘れずに。
 
8.ゲームをする ★★★★★
子どもたちにとっては、合法的に長時間、好き勝手にゲームができるチャンスです(もちろん時々休憩を挟みましょう)。ぼくは最近毎年モンハン+睡眠でやり過ごすことが多いです。大人たちも最近没頭できていなかったゲームに夢中になれるチャンスです。ただし携帯も電源を切ってくださいと言われる場なので、通信プレイは止めておきましょう。エコノミーの場合はコンセント等は無いことが多いので、予備のバッテリーは持って行きましょう(バッテリーは持ち込み規制がある可能性もあるので要確認です)。
 
9.メンテナンスをする ★
できません。
 
10.ヨーヨーをする ★
できません。諦めてください。
 
 
続いて、必需品。
*着替え(泊数分・練習着)
*パスポート・パスポートのコピー(印刷したもの)
*海外旅行保険のコピー(印刷したもの)
*世界大会参加登録完了メールを印刷したもの
*ESTAESTA渡航認証許可画面を印刷したもの
*体温調節用上着(毎年フロリダの会場の中は極寒で、外は極暑です)
*ドル用サイフ
*円用サイフ
*チケット
*マイレージカード(1往復で相当貯まります。ない人は後から申請もできるので必ず作ったほうが良いです)
*筆記用具(入国する際に手続き用紙に名前やパスポート番号諸々を記入します)※3
*メンテナンス用道具(ストリング・パッドなど。ベアリング脱脂用の揮発性の液体は手荷物でなくても止めておいたほうが無難です)
*メインヨーヨー(手荷物・積み込み荷物の両方に半分ずつ分担しましょう)※4
*予備ヨーヨー(メインヨーヨーと同じく半分ずつ分担しましょう)
*衣装
*ヘア用品
*歯ブラシ
*データ形式でなく音楽形式で製作した予選・本選曲CD(手荷物・積み込み荷物の両方に予備も合わせて4セット8枚あると理想的)
*汗拭き系シート(飲食店でも紙ナプキンが置いてなかったりするところが多い、というかほとんどという印象のため、除菌シート代わりにも相当重宝します)
*携帯(海外使用を想定したプランにしておけば尚良し)※5
*携帯用充電器
 
 
持っていくと便利なもの。
*モバイルWi-Fi(スマホ持ち・PC使用を想定している方)
*水着(フロリダの会場のホテルはプールが併設されています)
*制汗スプレー or 手袋(スプレーは絶対積み込み荷物へ)
*タオル数枚(練習で汗だくになる人は特に)
*シャンプー類(ホテルにもありますがこだわりのある方用)
*ビニール袋(吐瀉物用・着替え用・ゴミ袋用・あって後悔しません)
*ゲーム機+充電器
*音楽プレイヤー+充電器
*モバイルブースター(携帯用予備バッテリー)
*カメラ+充電器※6
*電圧変換機(充電器各種が海外の電圧に対応していなければ)※7
*寝巻き
*アイマスク
*ノイズキャンセリングイヤホン
*マスク
*風邪薬・絆創膏などカンタンな救急用品
*日本食※8
*楽しむ気持ち
*勝てる構成
*最低限の英語知識
 
 
このリストは、VISYONの方の日記を参考にさせていただきました。
色々書きましたが、何か一つでも忘れ物をして気持ちが焦ったら『パスポートとサイフがあれば生きて帰れる』と思ってください。実際帰れますから大丈夫です。
 
 
持ち物以外の確認事項。
1.エントリーはしましたか?
2.積み込み荷物の重さと数は大丈夫ですか?(1個につき、だいたい15kg~20kgくらい以下の制限がかかっています。体重計でチェックしましょう)
3.CDの再生テストはしましたか?(パソコン・車・ラジカセ的なものなど含めあらゆる機器でテストしましょう)
4.その筆記用具は書けますか?
5.先の尖ったもの(ピンセット)はバッグのなかに入れてませんか?※9
6.コンセントに挿すもの各種はアメリカの基準電圧(110V~120V)に対応していますか?
 
 
よく受ける質問いろいろ。
Q>ヨーヨーは持ち込めますか?金属探知機に引っかかると言われたんですが…。
A>引っかからないか、引っかかっても問題になりません。中身を出して見せて「これはヨーヨーです」と説明できれば良いのです。
 
Q>パーツクリーナー(ほかベアリング脱脂用の揮発性オイル)は持ち込めますか?
A>持ち込めませんし、積み込まない方が無難です。とくに英語ができない人がアメリカの空港で捕まると、とても厄介なことに。
 
Q>タクシーのぼったくりとかよく聞くけど…
A>空港の正規の乗り場から乗る分には、ふつう問題ありません。
 
 
なにかあれば順次追加します。
 
 
※1:一度だけセントレア空港→グアム→ハワイ→ニューヨークというルートでアメリカに行ったことがありましたが、そのときは片道だけで28時間5分掛かりました。チケット取得はお早めに。
※2:コピーガードを外す行為が該当するらしいです。
※3:去年忘れていってしまい、「まあ空港にあるだろ」と思ってたらありませんでした。どこを探してもなかったので渋々白紙のまま通関に並び、「なんで書いてないんだ」とイケメンの局員さんに睨まれて凄く怖かったので必ず持っていきましょう。
※4:重要な荷物で、なおかつ手荷物にも積み込み荷物にも持てるものは半分ずつにするのがオススメ。とくにCDは予選+本番・予選予備+決勝予備の2セットをそれぞれに入れておくとオススメです。CDとヨーヨーがあれば出場はできます。
※5:海外向けプランを適用していても、あるプレイヤーは優勝のお祝いのために電話が鳴り続けた結果○万円の請求が来たというウワサがあります。
※6:盗難率が非常に高い物のひとつ。日本で見られる「親切な人が警察へ届けておいてくれました」なんてことは普通ありませんが、万が一盗まれた場合は念のため確認できるところはしておきましょう。
※7:海外に対応している充電器はどこかに『100V~240V』みたいな表記があります。日本でしか使えないものは『100V』と表記されています。詳しくはこちら。
※8:現地で食べるインスタントのごはん、味噌汁、漬け物、ふりかけ、レトルトのカレーは絶品です。フロリダの会場では売店に宿泊客が使えるレンジがあるのです(今年もあるかはわかりません)。ですがアメリカの食べ物もせっかくなので満喫してくださいね。
※9:捨てられます。
 
 
そのほか世界大会の心得はこちらを参考にしてください。去年の記事ですが。


ひとまず落ち着いたので、ここに報告致します。

2008年4月26日 オリジナルメンバーに配布されるスターダストのプロトタイプが誕生し、同時に自分がヨーヨーリクリエーションのメンバーとして、初めてヨーヨーリクリエーションのヨーヨーを手に入れた日でもあります。
2008年5月7日 メーカー名『44re:creation』に決定し、スターダストの製品版写真が公開されました。
2008年5月29日 スターダストの予約受付を開始。
2008年7月17日 予約購入者へスターダストの発送を開始。
2009年6月20日 自分のシグネチャーモデルであるスレイプニルのプロトタイプが全国大会で公開。
2009年8月16日 改良されたスレイプニルのプロトタイプを使用し、世界大会1A部門で優勝。
2009年12月10日 スレイプニルの製品版が発売。メーカー名は今の『yoyorecreation』に改名されました。
これまで11パターンがリリースされ、さらに羽角伊弦 / Benson Fok / Christopher Chia選手モデルを加えれば19パターンものスレイプニルが誕生し、世に送り出されてきました。
無地のRAWシルバー、旧ロゴのシルバー・レッド・ブルー・ガンメタリックシルバー、新ロゴのシルバー・レッド・ブルー・ピンク、試作として作られたレッド&イエロー、グレー&パープルのスプラッシュカラー、自分の顔が刻印されたバージョン。羽角伊弦選手モデルのシルバー&スカイブルーのスプラッシュカラー。中国大会チャンピオンBenson Fok選手モデルのブラック&イエロー&レッドのスプラッシュカラー。Christopher Chia選手モデル(TAKETHATロゴ)のシルバー・レッド・ブルー・ピンク・ゴールド・イエロー&ブラック&レッドのスプラッシュカラー。
人生の中のとても大事な時間を、一緒に過ごしてきたメーカーでした。間違いなく、人生を変えてくれたヨーヨーと出会いました。
スポンサーを受けるプレイヤーとしては、決して長くはない期間ですが、とても有意義な日々でした。
 
 
2013年3月22日、
国産ヨーヨーメーカー『yoyorecreation』スポンサードメンバーチームから正式に脱退しました。
 
 
yoyorecreationは、小さな田舎からがむしゃらに走りだし、5年の歳月と共に、今や世界にもその名を広げる日本屈指のヨーヨーメーカーへと成長しました。かつてはただがむしゃらだったメーカーも、いまや世界トップの競技ヨーヨーメーカーへと昇りつめる勢いで走り続けています。そんなメーカーに居られたことを心から誇りに思い、心から感謝しています。
しかし少しずつ、メーカーの道筋と自分が立てている道筋が離れていき、スポンサードメンバーとしての使命を果たすのが難しくなり、yoyoecreationのスポンサードメンバーチームという枠に居ることに違和感を覚えました。そのことを打ち明け、時間をかけ話し合った結果、チームを離れるという決断に至りました。

私にとっての最高のヨーヨーは、間違いなくスレイプニルでした。
もう城戸慎也という名前が刻印されたスレイプニルが生まれることはありませんし、スレイプニルというヨーヨーが今後どうなるかは、わかりません。
しかしスレイプニルが誰かにとって大好きなヨーヨーのひとつであってくれたなら、作り手の城戸健吾、シグネチャーの城戸慎也にとって、こんなに嬉しいことはありません。

これまで城戸慎也、ならびにスレイプニルを応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
これからもyoyorecreationで培ってきた時間を無駄にしないよう、精進して参ります。
どうかこれからも変わらぬご支援のほど、よろしくお願いします。

そして、yoyorecreationのチームメンバーと兄には、感謝してもしきれません。
ここまで、本当にありがとうございました。
これからもヨーヨープレイヤー同士として、よろしくお願いします。
そして無責任を承知ですが、これからのyoyorecreationのことを、よろしくお願いします。

※4/30追記
http://yoyorecreation.tumblr.com/post/48774597886
yoyorecreation 城戸慎也選手の脱退についてのご報告

JJF2012 Japan Juggling Festival Championship

鼻血だしそうなくらいすごい。今年のJJF(ジャグリングの全国大会)チーム部門優勝だそうです。調べたところ、この若さで松竹芸能に所属しているもよう。

がんばろう大人(自戒)。

あと最後の曲に鼻血だしそうになった。

顔がかわ怖い

というのをこの間Twitterのタイムラインで見た。なるほどと思った。
ゆとりの皆様と非ゆとりの皆様全員に注意すべきことと言えるかもしれない。別に注意する必要もないのかもしれない。何の話?

ゆとり世代の言い分としては「好きでゆとり世代に生まれたワケじゃない」というのはもっともなんだけど、「ゆとり世代ということに甘んじて自身でムチを打つこともしなかった」ということが当て嵌まる人が大多数を占めるのも事実。自戒。自分たちがゆとり世代であるというのは知らなかったことはないだろうし、どういうものなのかを知らないこともないだろうし。きっと普通の大人の人がいう「これだからゆとりは(同義語:死ねゆとり、クソゆとり、最近の若者、平成生まれ)」とは、そういう意味が込められている。はず。
どうせゆとり世代は永遠にゆとり世代って言われるし(団塊とかバブルみたいなノリで)、頭ごなしに「クソゆとりが」と言われるのはしょうがなくて。きっとみんなそうやって「俺が若い頃はなぁ」と言われて生きてきたのだと割り切る。そうしているうちに成長している。はず。だけど。

最近「いまの若者は歴代の若者と全く違う」ということをよく聞くけども、個人的にはそんなの全く信用してなくて。別にほとんどのゆとりは円周率は[3]で習ってないし。そういうことじゃなくて内面のことを言ってるんだろうけども、ということはわかってるけども。正確には、違うこと自体は否定しないけど、違うベクトルが違うだけで、違う差自体は違うということはないんじゃないかなとか。義務教育課程から環境がまったく違う育ちなんだから、違う生き物が誕生すること自体は意外ではないんだろうけども。第一、数年後にはゆとり同士で交配して育てられた新世代ゆとり亜種が世に誕生するんですから、このくらいでうろたえてちゃダメなんです。たぶん。元祖ゆとり含め将来いい方向で驚かれる世代にしたいね。

突然町中に響いた謎のサイレンで目が冴えてしまったので上を向いて歩こうを聞きながら夜中にぱっぱらぱと書いたけど最初から目的が行方不明な記事なので寝る

追記:Wikipediaのゆとり世代記事がちょっとだけ興味深い。


体勢と角度が違う大会と違うアップロード者で一致するのはめずらしいなと思い。他意は無し。

http://www.youtube.com/results?search_query=Takuma+Yamamoto&oq=Takuma+Yamamoto&gs_l=youtube-reduced.3..35i39j0.66353.68216.0.68514.15.15.0.0.0.0.141.1398.9j6.15.0…0.0…1ac.XHvZWmOQBWs

説得力がないからんじゃない

あんたには

納得力が足りん
 
 
 
なんのセリフかわかった方は相当マニアック。コンシェルジュ面白いですよ。プラチナムも。

たぶん無理?一人だと。

トリングの長さは、1本あたり約104~108cmです。(ノンブランドのもの)
地球一周は、4万77kmだそうです。(赤道付近の一番ふくらんでるとこ)
楽にするために、1mと4万kmで計算。
4万kmをmに直して40,000 * 1,000 = 40,000,000m
よって4000万本必要。

1年で1000本消費したなら、4万年必要。
1日で1000本消費したなら、約110年。
1日で10万本消費したなら、約1年ちょっと。

というわけで一人では無理ですが、今の競技ヨーヨー人口(どんな大会でも良いので出場を目標としている人たち)を3000人と仮定すると、37年くらいで一周するみたいです。3000人って多いかな?個人的には少なく見てます。

参考(25:40~)
ヨーヨー世界チャンピオン Naotoさん  日本文化人協会

管理人紹介

名前:キドシンヤ

好き:うまいもの
他に:ピスタチオ
他に:うまいぼう
他に:ラーメンズ
嫌い:かふんしょ

2009年ヨーヨー世界大会チャンピオン。