2015年世界大会 フリースタイル決勝進出者のビデオ(1A~5A・AP・Women・OVER40)

2015年世界大会、ヨーヨーの全部門フリースタイル決勝進出者、およびOVER40部門の結果とビデオです。

[1A] Result
1st Zach Gormley (United States)

2nd Shion Araya (Japan)
3rd Iori Yamaki (Japan)
4th Takeshi Matsuura (Japan)
5th Yusuke Otsuka (Japan)
6th Gentry Stein (United States)
7th Ryuichi Nakamura (Japan)
8th Luis Enrique (Mexico)
9th Akitoshi Tokubuchi (Japan)
10th Janos Karancz (Hungary)
11th Anthony Rojas (United States)
12th Marcus Koh (Singapore)
13th Yamato Murata (Japan)
14th Ahmad Kharisma (Indonesia)
15th Hiroyuki Suzuki (Japan)
16th Jakub Dekan (Czech Republic)
17th Colin Beckford (United States)
18th Ryota Ogi (Japan)

[2A] Result
1st Shinji Saito (Japan)

2nd Shu Takada (Japan)
3rd Takuma Yamamoto (Japan)
4th Tomoyuki Kaneko (Japan)
5th Arata Imai (Japan)
6th Hiraku Fujii (Japan)
7th Shuhei Kanai (Japan)
8th Liu Man Ki (Hong Kong)
9th Ginji Miura (Japan)
10th Henson Chan Chun Hay (Hong Kong)

[3A] Result
1st Hajime Miura (Japan)

2nd Alex Hattori (United States)
3rd Hank Freeman (United States)
4th Tomoya Kurita (Japan)
5th Mizuki Takimoto (Japan)
6th Patrick Borgerding (United States)
7th Takumi Yasumoto (Japan)
8th Minato Furuta (Japan)
9th Ng Wang Kit (Hong Kong)
10th Yuto Yamaguchi (Japan)

[4A] Result
1st Naoto Onishi (Japan)

2nd Takumi Yasumoto (Japan)
3rd Rei Iwakura (Japan)
4th Michael Nakamura (Japan)
5th Ben Conde (United States)
6th Zac Rubino (United States)
7th Futoshi Maruyama (Japan)
8th Zhao Chen (China)
9th Ryo Oishi (Japan)
10th Kuo Po Han (Taiwan)
11th Lolenzo Sabatini (Italy)
– Tsubasa Takada (Japan)

[5A] Result
1st Jake Elliott (United States)

2nd Takeshi Matsuura (Japan)
3rd Sora Ishikawa (Japan)
4th Hideo Ishida (Japan)
5th Bryan Jardin (Philippines)
6th Naoki Uemae (Japan)
7th Yoshihiro Abe (Japan)
8th Hiroyasu Ishihara (Japan)
9th Kai Zhang (China)
10th Naoya Takeuchi (Japan)

[AP] Result
Grand-Prix / Entertainment-Award SHAQLER (Japan)

Artistic-Award Beat Poin’t (Japan)
Creative-Award WHO Theatre (Taiwan)
YOMEGA Tokyo
Naoto
InMot!on
SPINATION

[Women] Result
1st Hobbit-Wen Wang (Taiwan)

2nd Betty Gallegos (Mexico)
3rd Reia Torita (Japan)
4th Kaoru Nonaka (Japan)
5th Ann Connolly (United States)
6th Julia Aleksandra Sandra (Poland)
7th Tessa Piccillo (Mexico)
8th Mai Kaneko (Japan)
9th Coco Sun (China)
10th Tomoya Shichita (Japan)

[OVER-40] Result
1st Kiyoshi Kawamura (Japan)

2nd Ken Wong (Hong Kong)
3rd Isaac Kanarek (Mexico)
4th Minoru Arai (Japan)
5th Kazuhiro Ando (Japan)
6th Koji Torita (Japan)
7th Keiichi Takimoto (Japan)
8th Kazuyuki Sakauchi (Japan)
9th Satoru Sakauchi (Japan)

http://www.tokyo15.com/
2015 World Yo-Yo Contest

2015年世界大会 公式チャンネルによるニコニコ生放送・Ustream

今年の世界大会は、15日(土)・16日(日)にニコニコ生放送の公式番組として、またUstreamでも競技の様子が配信されます。
スケジュールは、予告なく変更されることがあります。

Ustreamでの配信はこちら。

  • 16日(日)決勝 – スケジュール
  • 15日(土)準決勝 – スケジュール
  • http://www.tokyo15.com/
    2015年 世界大会

    高田柊選手と、avex所属アーティスト「FUTUREBOYZ」とのコラボが決定! (8月7日:写真を更新しました)

    IMG_3745
    世界大会スペシャルサポーターの仮面女子に続き、世界大会関連で新たなアーティストとのプレスリリースが公開されました。2012年2A部門世界チャンピオンの高田柊選手と、avex所属アーティスト「FUTUREBOYZ」とのコラボレーションが行われるとのことです。
    高田選手へ楽曲提供がされるほか、世界大会のステージにて両者の共演も。今後もこの世界大会でのコラボレーションを機に、さまざまな企画を展開するもよう。

    FUTURE BOYZ
    iamSHUM(シュン・沖縄出身), thisisWAYNE(ウェイン・アメリカ出身)の2人による新世代EDMシンガーデュオ。
    L.A.、ドイツ、シンガポール、東京を拠点とする国内外のトップ・クリエイターとコラボレーションし、ワールドデビュー!メロウ系からPartyなRAP曲まで、全曲英語詞のEDMをベースにしたテン年代の世界水準ニュー・エレクトロ・サウンドで世界を魅了。ヴィジュアル、ファッションも半歩先を行く“FUTURE”感満載のカルチャーを世界に発信。 デビュー前から台湾、LAなど海外や、神戸での大型フェスやa-nation代々木でのパフォーマンス、WOMBでの隔月で自主イベントを行い、2014年9月apple store omotesadoにてインストアパフォーマンス。
    2014年9月24日ミニアルバム「TOKYO STYLE」CD発売。10月からInterFMにてレギュラー番組スタート。9月~12月にアジアツアーを敢行、日本国内、台湾「LUXY」、Mixmag Clubチャート9位の韓国名門CLUB「OCTAGON」では日本人アーティスト初のライブパフォーマンスを行う。2015年8月はa-nation island RYUKYU NATIONやAsiaProgress~Twinkle~などに出演。

    「FUTURE BOYZ」の楽曲は、Avexの公式YouTubeチャンネルで公開されています。

    http://futureboyz.com/
    FUTURE BOYZ

    http://www.tokyo15.com/press
    2015年 世界大会 プレスリリース

    世界大会で復活する、44CLASHバトルトーナメントの出場選手発表

    map
    週8月13日~17日に開催される世界大会で、44CLASHのバトルトーナメントが3年ぶりに復活します。
    その出場選手とジャッジが、オフィシャルサイトで発表されました。

    • Hungary:Janos Karancz
    • Czech Republic:Petr Kavka
    • Iceland:Páll Guðmundsson
    • Mexico:Paul Kerbel
    • United States:Ben Conde
    • Japan:Rei Iwakura
    • Japan:Hidemasa Semba
    • Japan:Tsubasa Onishi

    僕も実は2010年にバトルトーナメントに招待されたことがあるのですが、採点項目にもある通り「瞬発力」が要求されます。曲への反応、相手のトリックへのアンサー、自分のヨーヨーに関する引き出しという引き出しを開けまくった方が勝ちます(それだけじゃないですけど)。言葉の意味としては、これもフリースタイルではありますが、ふだんヨーヨーの競技会で見られるものとは全く違う空気を味わえます。続報をお待ちください。

    http://www.44clash.com/wyyc/entry.html
    44CLASH Battle Tournament at WYYC2015 参加選手

    http://www.44clash.com/wyyc/
    44CLASH Battle Tournamentとは

    世界大会のブログにて、ティザームービーのコラムを書きました

    無題
    いよいよ開催まで一週間に迫った、2015年世界大会。初めて日本・東京で開催される今大会、自分もいくつかのプロジェクトで関わらせていただいています。
    一番目立つプロジェクトのひとつ「ティザームービー」のコラムを、先日オフィシャルサイトのブログに寄稿しました。

    【コラム】世界大会のいろいろなビデオの話 その1 / その2 / その3

    全部で3つに分けていますが、分けた割にそこまで長くないので、ぜひ読んでくださいますと幸いです。

    http://www.tokyo15.com/
    2015年 世界大会 公式サイト

    ヨーヨー始めるなら

    ヨーヨーを始めるなら、総合ヨーヨー情報サイトへ。

    総合ヨーヨー情報サイト GIOY

    メディアサポート

    東地区大会 10月31日(土) 神奈川
    西地区大会 12月19日(土) 大阪


    新しい形の大会 "44FESTIVAL"

    アライアンスパートナー

    全国各地のヨーヨーイベント

    ヨーヨー情報募集中!

    当サイトにて取り上げてほしいニュースなどがあれば、お気軽にご連絡ください。

    カレンダー

    2017年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031